カイテキオリゴの便秘解消効果は?


カイテキオリゴ」の便秘解消効果は?っと疑問視される方が多く見られます、その真相を探って見たいと思います。

「カイテキオリゴ」

 20122016 5年連続モンドセレクション (詳しくは下記※1をご覧ください)ダイエット食品・健康食品部門で最高金賞の受賞をされています。 売上累計180万個突破し高純度オリゴ糖食品市場売上日本第1位 (日本能率協会総合研究所調べ) と安心の実績ですね。

 ほぼ純度100%なので赤ちゃんや子供さんにも使っていただけるということで、赤ちゃんの便秘に悩むお母さんの購入も多く見られるそうです。

一般にオリゴ糖の効果、特徴は?

 腸内環境を正常化し、便秘を改善するため、肌荒れを防ぎダイエット効果もあるそうです。(詳しくは下記 ※2 をご覧ください)また、アトピー性皮膚炎やアレルギーの緩和、更には、口腔内細菌によって消化されない、あるいはされにくい性質を持つものが多く、摂取しても虫歯になりにくいといったメリットもあるそうです。

では「カイテキオリゴ」と他のオリゴ糖と何が違うの?

 一般的なオリゴ糖商品は1種類のオリゴ糖だけで作られています。

 しかし、ビフィズス菌は30種類以上も存在しており、それぞれにオリゴ糖の好き嫌いがあるので、それでは一部のビフィズス菌しか活性化できません。

 ところが、複数のオリゴ糖を組み合わせて30種類以上のビフィズス菌のほぼ全てをまんべんなく活性化できる、独自の「EOS(イオス)理論」に基づき作られた『カイテキオリゴ』は、たくさんのビフィズス菌と仲良くなれちゃう付き合い上手のオリゴ糖なんです!

 さらに2つのイノヴェーションがあります、詳しくは下記公式サイトをご覧ください。

又、不明点や疑問などは電話での相談が気軽に受けられるそうです。その場合も電話でのセールスは一切ないことが公式に表明されていますので安心です。

それでも不安な方へ、公式サイトでは全額返金保障をされて見えますので、試して見ない手はないでですね!

お試しコース(10%OFF) 2,554円(税別) から

詳しくは公式HP下記をご覧ください。
         ↓↓↓↓↓

赤ちゃんのトイレに悩んでいた全国のママに朗報です!

 

(※1)モンドセレクションとは、1961年にベルギー王国経済省とECが共同で創設したもので、ベルギーのブリュッセルに本部を置き、世界各地にある優れた市販商品の評価・品質向上を目的とした国際的な品評機関だそうです。 毎年、約70カ国から1500点以上の製品が、品質基準分析のためにエントリーされます。

 

(※2)オリゴ糖の効果、特徴は?

・腸内環境を正常化し、便秘を改善する

摂取したものを消化・吸収を促進し、腸内環境を正常化させるにあたり、重要な役割をもつのが腸内の善玉菌です。善玉菌は、同じく腸内にいる悪玉菌と絶えず戦っており、悪玉菌に腸内を支配されないためには、常に善玉菌を多数維持しておかなければなりません。

オリゴ糖は善玉菌のエサであるため、腸内の善玉菌を増やす役割を担っているのです。したがって、オリゴ糖を摂取することで、善玉菌の数が増え、腸内環境を正常化し、便秘改善につながるのです。

・肌荒れを防ぐ

腸内環境が悪化し、悪玉菌が多い状態では、悪玉菌が出す毒素により肌の新陳代謝を衰えさせ、肌荒れが悪化します。前述の通り、オリゴ糖は腸内環境を正常化し悪玉菌を減らす効果があるため、肌荒れにも効果があるのです。

・ダイエット

オリゴ糖は、胃や小腸で消化されにくく、摂取するカロリーが低くなるため、カロリーが気になる方向けの菓子や飲料に、砂糖の代わりに使用されるケースがあります。低カロリーといえど、カロリーゼロではありませんのでご注意を!

・アトピー性皮膚炎やアレルギーの緩和

オリゴ糖をエサとする乳酸菌やビフィズス菌はアトピー性皮膚炎やアレルギーを緩和する作用があるといわれています。アレルギーは人の体に備わる免疫機能が異常反応した際に起こります。免疫機能は人の体にウイルスなどの外的(アレルゲン)が入ってきた際に抗体を作り出しますが、この抗体が過剰に生成されアレルギー反応を引き起こすのです。

また、腸内環境が悪化し、腸壁のバリア機能が弱まっているところからアレルゲンが進入しやすくなり、これもアレルギーを引き起こすひとつの要因ともいわれています。

乳酸菌やビフィズス菌は、腸壁のバリア機能を高めたり、過剰生成された抗体の働きを抑える働きをもっているためアレルギー症状を緩和することができるそうです。

・虫歯になりにくい

砂糖は口腔内の細菌に消化されることで、歯垢の原因となる物質や歯のエナメル質を溶かす酸がつくられるため、虫歯の原因のひとつになりますが、オリゴ糖には、口腔内細菌によって消化されない、あるいは、されにくい性質を持つものが多く、摂取しても虫歯になりにくいといったメリットがあります。そのため、ガムやキャンディなどに使用されることが多いです。

・オリゴ糖摂取時の注意点

オリゴ糖は乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌のエサとなり、腸内環境を正常化することで、さまざまな効果がありますが、大量を摂取すると、お腹がゆるくなったり、張ったりする場合があります。(これが便秘解消となるゆえんです)また、摂りすぎると低カロリーとはいえ、体重増加の元ともなるのでご注意を!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です